事故車でも買取できる|お小遣い稼ぎに利用

  1. ホーム
  2. 主に2つの販売対象がある

主に2つの販売対象がある

船

販売相手に合った業者選び

漁船販売において、販売する主なターゲットは漁師です。その漁師に購入してもらうためには、仲介業者の選び方が重要なポイントとなります。仲介業者を選ぶには、まずは販売先の漁師が所属する海域の把握が大切で、その海域内の港に頻繁に出入りしている業者を選びましょう。なぜなら、漁師の活動範囲は特定の海域内に限られており、その海域内での人脈の量が、業者の漁船販売能力に比例すると言っても過言ではないからです。さらに、漁業や世代交代が活発な海域程狙い目となり、港ごとの漁獲高や漁師の年齢層などが、海域選びの参考になります。また、漁師以外の漁船販売先として、プレジャーボートユーザーが挙げられます。プレジャーボートとは遊び目的で使用する小型船舶を指し、漁船タイプの船も人気が高いのです。プレジャーボートとして漁船販売を行うのは、マリーナや中古ボート販売業者です。漁師相手の場合と大きく異なる点は、これらの販売業者は、インターネットを駆使して全国のユーザーに在庫をアピールします。そのため顧客数が膨大で、それだけ販売出来る可能性も高いと言えます。このように、漁船の販売先は主に2通りに分けられ、それぞれの販売対象に合った仲介業者選びが大切です。また、漁師とそれ以外の両方に漁船をアピール出来れば、それだけ販売出来る確率が高まります。そのため、例えば港に出入りする漁師専門の販売業者と、プレジャーボートとして漁船を扱う両方の業者に仲介を依頼すると、とても効率の良い漁船販売を実現出来ます。

Copyright © 2017 事故車でも買取できる|お小遣い稼ぎに利用 All Rights Reserved.